空家の住人

アクセスカウンタ

zoom RSS 登園生活はじまる

<<   作成日時 : 2007/08/14 15:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

お久しぶりです。
お待たせしました。
母ちゃんのお仕事開始から、1ヶ月が経ちました。



まず、朝の難関。早起き。
自分はなんとか起きられるが、ちぃを起こすのが一苦労。
早め早めと起こして食べさせて支度し、やっとの思いで保育園に預ける。

初日は、すんなり離れ・・・日中はなんとなく気になって、ちぃはどうしているかなぁと
思ってはいたけれど、私も初日は手続きや仕事を覚えることでいっぱいいっぱい…

お迎えに保育園を入ると、号泣している赤ちゃんの声が聞こえて
「うーん、やっぱり夕方はみんなぐずるんだなぁ・・・」
なんて思っていたら、一番大声で泣いているのはわが子だった・・・





号泣し、大声で

「おがあさん!!!」「ママ!ママぁ!」

と叫びながら
ドアのところへ走り、ドアを叩いて開けてくれと懇願するちぃ。
開けてもらったら、飛びつかれたよ・・・

「初めてだから仕方ないですね (笑)」

と、先生は慣れっこだったけど、いつも平気で私から離れてしまうちぃだったので
結構意外に思ったり・・・。
とはいえ。
四六時中一緒にいた生活から
いきなり10時間預け(8〜18時)はやっぱり負担だよねぇ・・・・



翌日はもう朝から「行かない!」の一点張り。
園は数回通ったけれど、毎朝苦戦中。汗だくで保育園へ送り込む。
職場に向かう電車に乗ってホッとする・・・

お休みの日も「もう保育園には行かないって決めたから」と泣く。
夜、寝ていても「行かないって言ってるでしょ!と寝言とともに涙を流し
私を蹴る。

うーむ・・・ちょっとかわいそうなんだけど・・・
これも試練…(と自分には言い聞かせている)


色々と思い悩んでいましたが、
何回か通って、園に行ってしまえば楽しく過ごしているようなので
もう少し頑張って慣れてもらおうと思っていた。
最近はお迎えに行くと笑顔で手を振ってくれるのが愛らしい。
(帰り道で「もう行かないからね」とは言うのだけど)
拒否症が落ち着くまでには相当時間がかかるだろうな・・・

登園拒否の原因としては。母親と離れるのはもちろんなんだけど
その園は一時保育室で、0〜5歳までの混合クラスで1日を過ごすため
先生が赤ちゃんのお世話中心になっていることや、日によってお友達が変わることなどが
考えられるんだよね。
あとは1日部屋の中というストレスかな・・・
(一時保育の園児は0〜1歳児も多いのでなかなか外へは連れ出してもらえない)

本当は通常保育に入所できれば、同年齢のお友達と遊べるし、
毎日顔をあわせるお友達も同じだし、外遊びも出来るし
一番いいんだけど(まだ待機中)。年度途中の入園は難しそう。

しばらくは、いやもしかするともうずっと登園拒否は続くのかもしれないが
ちぃよ、ともに頑張ろう・・・
そして父ちゃん、協力してもらって本当に助かっているんだけど
余計なことを口走らずにそおっと出かけてくれ・・・(T_T)
(↑朝食を食べ終わる前に保育園のことを言うと、泣きじゃくって朝食が進まなくなるの
…ギリギリまで保育園の話はしないでおくれ…(それとなくごまかしている))





と、色々と苦労し、負担をかけることを申し訳なく思い悩んで、1ヵ月くらいたったある朝。
初めて朝のお別れの時に泣かなかった。
それ以降、すんなり登園するようになった。
だいぶ雰囲気に慣れたのでしょう。




「毎日行ってもいいよ


と、私に言い放ち、彼女は保育園の部屋に一人で走って入って行く・・・
ちょっと寂しく感じることもあるが、今までのことを思えば、ありがたい!
お迎えも元気いっぱい笑顔で駆け寄ってくる。あぁ、成長したなぁ。よかった。
(でも帰りたくない、とは言わないの 笑)

これからも頑張ろうね〜
(お盆休み明けが怖いのだが・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
登園生活はじまる 空家の住人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる